WEB業界について

WEB制作会社とWEB広告代理店の選び方

  • WEB広告代理店でWEBサイトを作れるらしいけど、WEB制作会社との違いはなんだろう?
  • WEB制作会社とWEB広告代理店のどっちを選べばいいだろう?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • WEB制作会社とWEB広告代理店の違いがわかる
  • WEB制作会社とWEB広告代理店の選び方が分かる
アイコン名を入力

私はWEBデザイナーとして5年働いており、複数のWEB制作会社で働いてきました。

請け負っていたお客様の中には、WEB広告代理店から乗り換えた人もいました。

私は最近、WEBマーケティング業界への転職活動に興味を持ち始めました。

その中で、WEB制作会社とWEB広告代理店の違いを知りましたので、まとめさせていただきます。

WEB制作会社は「WEBサイトを制作する」会社

WEB制作会社は名前のとおり、サイトを制作するところです。

デザインから制作、公開するまでが主軸になります。

制作会社によっては、システム開発やアプリ開発も相談に乗ってくれるところもあります。

WEB制作会社のメリット、デメリット

WEB制作会社のメリットは、専門家と距離が近いところだと思います。

WEB制作会社はWEBディレクター( WEBサイト制作の進行管理をする専門の人 )が直接交渉します。

特殊な事情があって専門的な話をしたい場合は、話をスムーズに伝えやすいかと思います。

また、デザインに力を入れている会社が多いのも特徴です。

制作会社の中には、WEBデザイナーと直接相談・依頼も可能な会社もあります。

デメリットとしては、SEOや広告などのWEBコンサルティング業務が疎いことです。

大きい制作会社だと広告代理店同様の部署の部署はありますが、広告代理店並の詳しいWEBコンサルティングは難しいでしょう。

もしWEB制作会社に頼みながらWEBコンサルティングをしたい場合、広告代理店を別に探す必要があります。

しかし、WEB制作会社との契約内容によっては難しい可能性があるので、依頼する際に事前に確認を取ったほうがいいでしょう。

WEB制作会社がオススメな人

  • 特殊な事情があって、専門家と直接話したい
  • システム開発やアプリ開発もお願いしたい。
  • お願いしたいのは更新作業のみ
  • 広告やSEOといった「サイト運用」は考えていない

WEB広告代理店は広告の運用を代行する会社

広告代理店は、「WEB広告の運用を代行」がメインです。

WEBに関する様々な種類の広告を通して、売上げアップなどの特定の目標を達成することを主軸としています。

なので、サイト制作はあくまで「WEB広告の運用をするための手段」に近いでしょう。

WEB広告代理店でWEBサイトを作るメリット・デメリット

広告代理店でWEBサイトを作るメリットは、サイト制作だけでなく、集客まで全て一貫して行えるところです。

また、SEOや広告などのWEBコンサルティング業務に詳しいため、数値をつかって結果を具体的に示してくれるのは強いです。

デメリットとしては、サイト運用料金がWEBコンサルティング料金込みになりますので、維持費が高くなりやすい傾向があるでしょう。

また、窓口は営業さんであることが多いため、サーバーなどで特殊な事情がある案件は難しい可能性があります。
また、いち早く修正をお願いする「特急料金」などの融通がききにくい場合もあります。

WEB広告代理店がオススメな人

  • SEOや広告などのWEBコンサルティング業務を一貫してお願いしたい
  • 売上アップなどの特定の目標がある
  • 数値をつかって結果を具体的に示してほしい
  • サイトはすでにあるので、WEBコンサルティングだけお願いしたい