Affinity

Affinity Photoで明るさ調整する方法

この記事を読んでいる人は、

  • Affinity Photo で画像明るさを調整したい
  • Affinity Photo で簡単に画像を明るさを調整する方法を知りたい

といった目的で、たどり着いた人が多いでしょう。

この記事を読むと、Affinity Photo で画像明るさを調整するする方法が分かります。

アイコン名を入力

この著者はWEBデザイナー歴5年になります。
Affinity Photo は 自宅用のMacBookにて、Photoshopの代わりに画像加工する目的で使っています。

「Affinity Photo」は「カーブ(トーンカーブ)」で明るさを調整

Photoshopにおける「トーンカーブ」は、Affinity Photoでは「カーブ」と呼ばれています。

「レイヤー」タブ > 丸と半円の記号 > 「カーブ」を選択

「レイヤー」タブ > 丸と半円の記号
「カーブ」を選択

ちなみに、カーブはデフォルトのショートカットが設定されています。

Macの場合は「Command + M」。Photoshopと一緒なのはありがたいですね。

「カーブ(トーンカーブ)」が分からない人は「調整」で明るさを調整

これを読んでいる人の中には、「カーブ」の調整が苦手なひともいるかと思います。

そんな人のために、Affinity Photoには「調整」という画期的な機能があります!!

「調整」タブ > 「レベル」か > 「明るさ/コントラスト」を選択

調整

これにより、ワンクリックで明るくなります!!!

Affinity Photo で明るさを調整したのを戻すには?

では逆に、明るさ調整したものを戻す方法を解説していきます。

これらの調整は全てレイヤーとして調整したものになりますので、レイヤーと同様の手順で削除することが出来ます。

「レイヤー」タブ > 該当の調整レイヤーを選択 > ゴミ箱を選択

明るさを戻す方法

(おまけ)「フラット化して保存」とは?

画像を「⌘S」でセーブすると「フラット化して保存」と表示されます。

フラット化して保存

公式サイトには

ドキュメント全体をフラット化して、単一レイヤーのドキュメントを生成することもできます。

公式サイト

とかいてあり、どうやらレイヤーを結合させて1つにし、その状態で上書き保存することを指しているそうです。

なので、ブログの画像作成などで編集前の画像を残す必要がない場合は、「フラット化して保存」を押して大丈夫そうですね。