WEBディレクション

コーダーは「ある程度」デザインが出来る説

WEB制作歴5年の私ですが、とある説を唱えようと思います。

コーダーは”ある程度“デザインが出来る説
※WEBデザイナーを諦めたコーダーに限る

えっコーダーってHTMLやCSSを書く人でしょ?

そう思った方。そうです。そのコーダーです。

「WEBデザイナーというとコーディングとデザインが出来る」といったイメージがあると思いますが、「2種類学ぶ必要がある」というよりも、「コーディング出来る人は何だかんだ言っても、ある程度デザインが分かってしまう」から”WEBデザイナー”だと思っています。

実際、それなりに実力のあるコーダーの人に「ここだけデザインしてー」とお願いすると、ちゃんとそれなりのものを作成してくれます。

ただ一つだけ補足しておくと、デザインに関する基礎知識を知らずにコーダー・フロントエンドエンジニアになった人も一定数いるので、「WEBデザイナーを諦めたコーダーに限る」とさせていただきます。

コーディングは「模写」をしている感覚と似ている

「デザインを勉強するには模写が一番」と聞きますが、コーディングはデザインを模写している感覚と似ているところがあります。

どこの横幅を揃えるか、空白に違和感が無いかを考えながら作るのはデザイナーと一緒で、なんとなく違和感があるところはデザインと違うことが多いです。

そんなコーディングを毎日繰り返している訳ですから、コーダーさんはいつの間にかデザイナーさんの「パターン」や「癖」を分かってきて、それが他の人から見れば「上手い!」と感じるのではと思います。

「ワイヤー通り」でいいならば、デザイナーはいらない

どこからどこまでを「デザイン」とするかは人によりますが、ディレクターがXDやFigmaで書いたワイヤーにちょこっと色をつけた程度でいいのならば、デザイナーは要らないと思います。

WEBデザインを一度でもカジッたことのあるコーダーならば、(実践できるかは別として)デザイン本に書いてある基本的な内容は把握している事が多いです。
例えば”縦を揃える”、””左から右へ並べる”、”色の選び方”などの簡単なことですが、
それだけで満足してくださるお客様も多いです。

の極一通り把握しているデザインする前のシンプルなワイヤーレベルで良ければ、自分で作れる人が多いんですよね。

最近はノーコードツールが出てきており、デザインをする前に、大雑把にノーコードで作ったサイトをお客様に見せる営業方法もあるのではと思います。

もし、そこまでデザインにこだわりの無いお客さんならば、デザイン&コーダーを一人でやってある程度パターン化されているところは省略したりして、全てデザインしなくても法則性を読み取ってなんとなく作成出来たりします。

私が「仕事として」デザインしない理由

たとえデザインが出来たとしてもコーダー専業は「仕事として」デザインをしません。
するとしても、プライベートでサイトを作ることになった時とか、仕方なくやることが多いです。

どうして仕事としてデザインをやらないのか、理由を書いていきます。

上手い「配置変え」は出来るけど「0から1を作ること」は出来ない

デザインの基本は把握しているので上手い「配置変え」はある程度できるのですが、それ以上をすることは難しいです。

例えばTwitterとInstagramに載せたこのバナー。

このバナーには元となったパーツ素材がありまして、イラストACから取ってきました。

これくらいのアレンジなら対応出来るのですが、パーツ素材無しで0から作るのは本当に難しい。

WEBサイトのデザインではセクションごとに様々なパーツ素材を組み合わせる必要があり、統一感を出すための装飾や色合いを自分で探さないといけないとなると、更に難易度があがります。

特に最近は、グラデーションを利用したりするレイアウトが主流だと思うのですが、グラデーションを作れる色彩感覚は持っていないので、ちょっと暗い印象をもたせるようなデザインになってしまうんですよね。

また、WEBサイトのデザインが出来から、バナーやLPのデザインが出来るという訳ではないのも、デザイナーの難しいところ。

大量のフォントの中から選択するのはめっちゃ大変だし、フォントを組み合わせて統一感のある新たなデザインを作れるなんてもってのほか。

WEBデザイナーはそのようなセンスを持っているので、すごく尊敬します。

デザイン良し悪しが分かっているから

コーディングの実務経験を積むということは、良いデザインも悪いデザインも沢山見るということにも繋がり、自分の目も次第に肥えていきます。

プライベートでは何度も自分でデザインを作ろうと試みているのですが「なんか物足りないな…」と感じることが多く、誰にも言えず悶々とした状態なります。

WEBサイトの場合、その後さらにコーディングが待ち構えておりますので、自分の中で合格点に満たないものを作ることほど苦しいものはないです。

制作会社ならデザイナーさんが側にいる環境だと思いますが、「え?WEBデザインやっているの?じゃあ仕事でもデザインをお願いしていい…?」と言われるのが目に見えて、聞くに聞けず…

Twitterにあげても添削を期待することは難しいので、きっとココナラで課金してデザイナーさんに修正してもらうのが一番いいんだろうなと思います笑

単にデザインが面倒だから

コーディングでは一括置換で済んでいたところが、デザインになるとそうはいきません。

案件にもよりますが、テキストの修正や表記揺れはデザインの段階でも割と指摘もされる箇所になりますので、関連するパーツを全部修正する必要が出てきます。

1行で済んでいたところが複数行になった場合、縦に長くなるので全体的に要素を下に下げる必要があります。

また、沢山デザインカンプが必要な場合は、同じようなテキストを全て修正する必要があるのは結構な苦痛。

「え?XDやFigmaでもコンポーネント化しないの?」と思った人もいるかもしれないですが、コンポーネントを修正しても反映されないテキスト修正って以外と多かったりするんですよね。

デザイン上で修正を入れられるより、コーディングでとっとと作っちゃいたいと思うこの頃ですが、大きい修正が入る可能性を考えると現実的ではないのが難しいところです。

それでも、コーダーからWEBデザイナーになろうとする人はすごいと思う

コーディングをすればするほど、WEBデザイナーとコーダーって別な職種だと思うことも多いです。

コーダーから次へのキャリアアップとして「ディレクター」や「フロントエンドエンジニア」といった選択をする人が多い中、デザインスキルを上げて「WEBデザイナー」になる選択肢は、想像以上にハードルが高いです。

コーディング出来る人にとってデザインって面倒だし、目が肥えている分、作っていて楽しい感情が湧きにくいと思います。その中で、めげずにコーダーからWEBデザイナーになる人はすごいなと思っています。