Wordpress

Gutenberg(ブロックエディタ)で利用できるブロックの種類を整理する方法

WordPressのGutenberg(ブロックエディター)は機能豊富であるが、通常使いをする時は仇になることも多い。

例えば、今回紹介するような「ブロックが多すぎる」問題などである。

ブロックが多すぎる問題

例えば、ブロックメニューのブロックの種類が豊富ではあるが、SNSの埋め込みやウィジェットブロックは使う機会がありません

また、私のWordpressの場合100以上のブロックがあるため、いつも使っているブロックがどこにあるか分からなくなる。

ブロックを隠したいな...」「ちょっと整理したいな…」と誰もが思います。

ブロックを非表示にする方法

実は、この機能はWordPressに元々実装されている機能で対応が可能であります。

WordPressの管理画面内から

WordPress 5.2系以上からの機能だそうです。

右上にある3点リーダーを選択→ツール「ブロックマネージャー」を選択

すると、チェックボックスが付いたブロックの一覧「ブロックマネージャー」が表示されます。

ここでチェックボックスを外すと、通常使うブロックメニューからも削除されます。

なお、保存ボタンはないらしく、「ブロックマネージャー」閉じる時は右上のバツボタンを押します。

functions.phpでも非表示に出来る

制作などで、管理画面から自由にコンテンツを追加してほしくない場合、functions.phpからも制御出来るらしいです。

プラグインで対応

プラグインで管理したい方は、「Gutenberg Block Manager」というプラグインを使えば、ブロックを非表示にできます。

他に「Disable Gutenberg Blocks – Block Manager」という別のプラグインがあるらしいが、最新の3つのメジャーリリースではテストされていないらしいです(2021年1月現在)。

WordPressの管理画面で検索しても出てきませんでしたので、今の所直接ダウンロードする方法しか無さそうです。

ブロックの位置を整理する方法

こちらも調べてみたが、今(2021年1月)現在でそれらしきプラグインはまだ作成されていない(機能が実装されていない)ようです。

アイコン名を入力

そもそもGutenberg(ブロックエディター)系のプラグインはまだ少ないようで、公式で検索してもあまり出てきませんでした。今後に期待ですね!