サイト制作

コーダーにはデザイン能力が優れている人が多い

未経験のWEBデザイナーの就活を見ていると、
コーダーやフロントエンド希望なのに
「デザイン」と「コーディング」のどちらもやってきました!と
アピールをする人が多いように思います。

実際、広告系の会社だと、どちらも出来る人が求められますし、
フリーランスだとどちらも出来るからこそ需要があるかと思います。

しかし、「コーダー募集」「フロントエンド募集」と書かれているところは
本当に「コーディング能力」しか求められていないので、
デザイン能力をアピールするよりも、カンプに忠実にコーディング出来るかを教えてほしいのが本音です。

コーディングをしているとデザイン能力が上がる

実際、コーダーなるには、デザインの技術は必要がありません。

しかし、コーダーとしての私の経験上、コーディングをしていると自然とデザイン能力が上がるのではないかと思います。

カンプ通りにコーディングすることはデザイン模写は一緒

デザインを勉強するにあたり、「優れたサイトを模写」出来ることが推奨されています。
その模写とほぼ同じことを行っているのがコーディング作業です。

例えば、最初「こんな感じかな…」とコーディングしたけど、
フォントが若干違ったり、行間や文字間がちょっと狭かったり、
影の有無や、線の濃さが影響して、
「なんかカンプと違うな…?」と疑問に感じることが結構あります。
そういうところを調整することで読みやすさや雰囲気がガラッと変わり、
コーディングをしているだけでも
「あー、こういう風にした意図は、こういうためなのか。」
とデザインを学べます。

マウスを当てたデザインなど、カンプに現れないところにコーダーセンスが現れる

コーダーでもどうしてもデザインをしなくてはいけない場合があります。
例えば、テキストのマウスを当てた時の挙動や、
デザインにはないボタン等のパーツを急遽実装する場合など。
そこはコーダーの腕の腕の見せどころで、
デザインにマッチするように上手い見せ方に調整します。

経験を増やすととデザインの目が肥えてくる

コーダーとして歴を重ねると、デザインの目が超えてきます。
「ちょっと、ここは広すぎるんじゃないのかな…」
「あれ?ここって、なんか違和感がある…」
違和感があった箇所は、CSSの調整ミスであることが多いです。

逆に、「え?ここのサイズって絶対違うよね..?」
と違和感を感じるデザインカンプもありまして…
そこはコーディングもしにくいので、調整して他の箇所と合わせます笑

デザインとコーディングが密接な関係にある

デザインとコーディングは密接な関係にあります。

他の人がデザインしたものをコーディングすることで、デザインした人の小さなこだわりや、意識しているポイントが分かるかと思います。

コーディングで学んだような要素を自分のデザインに落とし込んだり、逆にデザインのポイントを把握することで、上手くコーディングができるようになります。

かといっても、コーダーがデザイナーと両立出来るとは限らない

ただし、お客様の要望を聞いて雰囲気やテイスト決めるようなデザイナーに求められる能力ではなく、
WEBデザインとして違和感のないフォント感、空白の使い方や、UI構成など、
あくまで「デザインの良し悪しが分かるようになる」段階までの能力なのかなと思います。

ここからは個人的な意見なのですが、
コーディングを通して上手いデザインが分かっている上で、
初心に戻ってデザインを学ぶのはすごく体力のいること
だと感じました。

模写やUIパターンを増やすことで、ワイヤーに落とし込んで丁度いい感じにフォントや間隔を調整して、適当な色を付けて”モノ”にすることは可能です。

しかし、ここから色々な要素をプラスして 「統一感」があって自分の思い通りの「雰囲気」を出せるようになるには、知識だけでは難しいところなのかなと思います。

さらに、向上心を持ってデザインを勉強していくためには、
デザインした時に「これが最高傑作だ!」という自信を持ち続けないと続かないと思うのですが、
デザインの良し悪しが分かってしまうので、
「これが悪い」のは分かるのに「何が答えだか分からない」「どう改善すれば分からない」状態に陥りやすく、モチベーションも上がりにくいです。

また、コーディングとデザインの両立よりも、コーディングとCMS組み込みやプログラミングを極める方が、やってることが近いし、何より儲かる。

WEBデザイナーとしてコーディングをお願い出来る人は多いけど、コーダーとしてWEBデザインをお願い出来る人が少ないのは、需要と供給の問題もあるのかなと思います。