バラエティ

「前説」とは若手芸人の登竜門

バラエティ番組の話題になると出てくる「前説」ってご存知でしょうか?

劇場での公演、またはテレビ番組の公開放送などにおいて、本番前に観客に行う説明のこと。

wikipedia – 前説

とwikipediaに書いており、要は本番前の番組説明です。

客入りのある番組には

  • 見学マナーのお願い(携帯電話の電源をオフにするなど)
  • 番組のお決まりフレーズのタイミング合わせ

などをお客様に説明する必要があります。

結構真面目な説明になるため、バラエティ番組番組でスタッフが行うと空気が重くなり、本番に支障をきたす場合があります。

そこで、芸人さんの出番。

本来の前説の役割にプラスして、オープニングアクトも兼ねて、会場の雰囲気を良くすることが求められます。

前説に出演する芸人のメリット

前説に出演する芸人さんにもメリットがあります。

前説の芸人さんもきちんとした出演者

前説の芸人さんは番組本編に出演しませんが、番組制作の一部です。
なので、きちんとギャラが出ます

また、番組によってはお弁当がもらえるらしいので、貧しい若手芸人さんにとって貴重なご飯であることが伺えます。

スタッフに名前を覚えてもらえる

テレビ局や制作スタジオに出入りすることになるので、テレビ局のスタッフに名前を覚えてもらえる機会が増えます。

すると、番組のコーナー企画や同じスタッフが関わっている別番組などで呼んで頂ける可能性が高くなります。

例えばですが、ケイダッシュステージ所属のコンビ・ハルカラさんは、同じ事務所のオードリーがきっかけで、水曜ヒルナンデスの前説を行っていました。

その後、ハルカラの浜名ランチさんが「家事ヤロウ!!!」の番組で優勝後、ヒルナンデスの料理コーナーにも出演。レシピ本を出版しました。

前説きっかけとは名言されていませんが、きっとヒルナンデスの前説で名前を覚えて頂いてたからこそのオファーであっただろうと思われます。

前説をやる芸人さんの特徴

続きまして、どんな芸人さんが前説を任される傾向が多いのか?について説明します。

出演者のバーター

まず前提として、「出演者のバーター」が基本となります。

バーターとは出演者と同じ事務所だから出演させてもらえる的なものです。

例えばですが、M-1グランプリの前説は吉本主催のため、BKBさんを始めとした吉本のお笑い芸人で行っています。

また、バーターは芸人さんだけとは限りません。

例えば、ヒルナンデスでずっと前説をやっていたぺこぱ。

ぺこぱ当時ヒルナンデスレギュラーだった河北麻友子さんがオスカーだったため、当時所属していた事務所繋がりで起用されていたと見られます。

お笑いの基礎がしっかりとしている

私個人的な考え的には、お笑いの基礎がしっかりとしている人が登用されている印象があります。

はて?どういうことか?

「売れていない芸人さん=ゴリゴリに滑っている」と素人的には思われており、実際にそういう芸人さんもいますが、
「クスクス笑い声がいっぱい溢れておるが、大爆笑が起こらない。」
「芸人から面白いと言われていたけど、なかなか売れない芸人」
というような、いわゆる「くすぶり芸人」もいます。

  • ネタは面白いけど、「自分達じゃなくちゃいけないオリジナリティ」が不足している。
  • バラエティ番組に向いておらず、単にネタを披露する場所が少ない。

などなど、いろんな要件があるかと思いますが、
漫才の基本がしっかりしているので、そこまでゴリゴリに滑ることがありません。

ですので、前説などの「会場の雰囲気を良くする雰囲気作り」を求められ、かつそこまで予算を割く必要がない場所に、くすぶり芸人はもってこいなのです。

アイコン名を入力

M-12019で優勝した「ミルクボーイ」は、
関西ローカルの番組でずっと前説を行っておりました。
前説を通してネタを磨き上げたと言っても過言ではないです。

個人的な印象として、
「売れる前から面白かった」
「売れるとは思わなかった(滑ってたとは言っていない)」
と話題になる人は、かなりの確率で前説を経験しているように思います。

それゆえ、前説は「若手の登竜門」と言われています。

前説経験が少ない芸人さんもいる

若手の登竜門と言われる前説ですが、
一方で前説経験がほとんどない芸人さんもいます。

  • デビューしてからすぐに売れた(おそらく四千頭身が該当)
  • ローカル番組でそこそこ売れていた(おそらく霜降り明星が該当)
  • 今まで事務所に所属したことがなく、ずっとフリーである(おそらくラランドが該当)
  • 目も当てられないほど滑っていたのに、急に面白くなった(オードリーがラジオ談)
  • 事務所に全く推されていなかった(オードリーがラジオ談)
  • 前説を断って、バイト優先していた
  • そもそも事務所にコネがなく、依頼される機会自体少ない

という背景が思い当たります。

前説もしっかりとした仕事のひとつなので、下積み時代が長い芸人さんほど前説経験が豊富なのも頷けます。

まとめ

前説とは若手芸人の登竜門的お仕事で、芸人さんが事務所に所属するメリットの一つであると見られます。

しかし、前説をやったことがあるから売れるわけではありません
けれども何かを掴むためにも、前説は芸人さんにとって重要なお仕事の一つです。

売れるって難しいですね。