バラエティ

ブログでバラエティ番組の記事を書くのは難易度が高い

私はエンタメコンテンツが好きで、特にお笑い系バラエティ番組を見るのが大好きです!!特にオードリーが好きで、オードリーと共演してくださっている方々含めて応援しています。

ですが、そのことをブログに書き残しておくのは正直難しいというのが私の体感です。

なぜなら、バラエティ番組に関する記事は短期的にしか見られないコンテンツが多く、「ブログ」との相性が良くないからです。

その理由を、バラエティ番組の記事を分類しながら説明していきます。

バラエティ番組の記事を分類

まとめ・説明系ブログ

まとめ・説明系ブログとは

事前情報をまとめたり、そもそもそのコンテンツとはどういったものなのかを説明したブログ。

(例)
「〇〇(名前)のことをまとめてみた」
「20xx年に始まるバラエティ番組一覧」

流入経路

  • 検索サイトから
    特定のキーワードを狙いやすいので、SEOの向上を狙いやすい
  • お気に入りなどに登録されて直接アクセス
    「コンテンツが分かりやすい」「自分の趣味が合う」などのファン層が増えると、定期的に訪れる人が増えるかも

メリット

検索キーワードを狙いやすいため、SEOに強いのが特徴です。

そして、フォーマットを決めれば記事を量産しやすいです。例えば人物紹介の場合は名前や都道府県、今までの経歴を書くなどの決まった形をつくることで文章が書きやすくなります。

デメリット

短期的に伸びるコンテンツになりやすく、長期的に1つの記事を見てもらうことが難しいのが欠点です。例えば、現在人気の芸人さんのことを書いても、来年にはその芸人さんの人気は多少なりとも落ちています。また、最新の情報を求めている人が多いので、古い記事は見てもらえなくなります。

さらにバラエティ番組の特性上、情報解禁が直前になることも多いので、ブログまとめにくいです。1週間前に初めて情報公開されるパターンも多いため、SEOにつながりにくいのも難点です。

感想系ブログ

感想系ブログとは

コンテンツを見た感想等をランキング等でまとめたもの。

(例)
「今年面白かったバラエティ番組8選!」
「今〇〇(名前)の活躍っぷりがすごい!!」

メリット

SNSを上手く利用し、バラエティ番組終了後になるべく早く上げることで、見てもらえる人が一定層出てきます。

また、出演者のファン層の厚さとアクセス数は比例するので、ファンがいっぱいいる出演者を取り上げれば、自然とアクセス数は伸びることが多いです。

デメリット

どこの誰かわからない人が感想を書いても、説得力に欠けます。拡散能力と実績が示せる肩書きがないと難しいのが実情です。

そして、「まとめ・説明系ブログ」に書いたSEO上のメリットもあまり期待が出来ません。

また、このようなコンテンツはネタバレ厳禁で、ネタバレギリギリの線を見極めて文章を書く技術が求められます。

そして、見逃し配信がすべての番組に普及しておらず、あっても1週間限定の番組が多いのが現状。レギュラー番組ではない限り、ブログを書いても読者にどうしてもらいたいかを導くのが難しいです。

そもそもバラエティ番組を調べるほど好きな人は少数派

バラエティ番組好きとして思うのが、この沢山コンテンツがある昨今で、バラエティ番組を調べるほど好きな人はあまりいません。

大半はチャンネルをつけて、たまたま見たものを見るひとが大半で、面白いバラエティ番組を探して見ようという人は少数派です。

しかし、逆に録画やTver(配信アプリ)で、リアルタイムで見るとは限らないという一面もあります。

そんな真逆な側面を両立する必要があるのがテレビなのです。

続けるには根気と拡散力が必要

どうしてもバラエティ番組の記事を書きたい場合、ブログ全体の信頼性を上げることで、SEOの効果を多少上げられるかと思います。

そのためには、読まれなくても書き続ける根気と、それでも少しでも読まれてもらうための拡散力が必要です。

バラエティ番組はマイナーなコンテンツなので、単体では難しい可能性もありますので、他のコンテンツと並行して行うこともおすすめです。

バラエティ番組をたのしみましょー